下総中山駅から徒歩1分のエステサロン

 
 
 
 
 
 

美白

2017年9月12日

こんにちは!

ご訪問頂きましてありがとうございます。

 

前回は

皮膚の材料をつくる

タンパク質 のお話でした。

 

今回は

「コラーゲンの材料」をつくる 栄養素

ビタミンC のお話しです。

 

ビタミンCは美肌をつくる栄養素であることはよく言われています。

代表的な効果といえば

「美白」

・メラニンの生成を抑制

・シミを薄くする

・シワの改善・お肌の活性化

 

美を求める女性の強い味方です🎶

 

更に「コラーゲンの材料」

としてもビタミンCは大事なミッションを担当

シワができるメカニズムは、、。

 

紫外線によって発生する活性酸素

によって細胞同志が繋がっている

コラーゲンが、不足するから。

 

「皮膚の真皮の90%はコラーゲン」

コラーゲンが不足すると、、、

細胞間が凹んでしまい、その凹み

がまさに「しわ」になるのです!

細胞の隙間をきちんと埋めて

あげれば「しわ」は改善します。

 

よく

「コラーゲンたっぷりの食品を食べればオッケーでしょう?」

と思いがちですが、残念ながら違います、、。ヽ(´o`;

(例えばフカヒレ・飲むコラーゲンなど)

 

飲むコラーゲンやサメのコラーゲンが

そのまま人間のコラーゲンとして活用されないからです

 

食べたコラーゲンは体内でタンパク質として分解され

アミノ酸として吸収されます。

 

では

体内でコラーゲンをつくるために必要な栄養素はなんでしょう?

 

それはズバリ

  • たんぱく質
  • ビタミンC

がコラーゲンの材料です

 

この3つが始めて合体して(コンプレックスともいう)

初めてコラーゲンとなるのです!

ほんの一例ですが、、。

 

ビタミンCを含む材料

・赤ピーマン・ミニトマト

レモン・ブロッコリー・いちご・キュイ・アセロラ・菜の花 etc

 

単体の栄養素では機能しないのでそれぞれ担当する役割があり

体・お肌を守っているんですね。

更に

ビタミンCは美肌だけの栄養素ではありません

体を守るために大活躍しています。

 

次回は

酵素・血液をつくる栄養素

「ミネラル 鉄」のお話しです。

最後までご覧下さいましてありがとうございました。